スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルードヴィッヒ・ベートベンの憂鬱

nuko0018.jpg



デュッセル旅行記が長かったため追いついてしまった。
先週ボンにも行ってきました。

ボンはUバーンに乗ってそのま鈍行で2時間くらい?けっこう時間が
掛かったように思う。


今回の目標はベートベンの家!!

ついてベートベンの家を目指します。

DSCF1207.jpg

広場で仁王立ちしてます。

そして・・・ここが・・・

DSCF1229.jpg


ベートベンの生家!!!!

ほんまピンクや~!!
みんな写真取ってるからまちがいねえ!!

それに・・・


DSCF1231.jpg


これがあるから間違いねええ!


4ユーロで館内を回れます。中は写真禁止です。
なので目をかっぴらいて眺めていきます。

・・・・

ぶはあああああああああああ!!


私が吹いたのはベートベンの祖父の肖像画。

みなさん、ここに来る前に一つ。
手塚治虫のルードヴィッヒ・Bを見ることをおススメします。


手塚治虫の再現力は異常

しかし、ここでも手塚治虫・・・
そういえばこの人ドイツを題材にしてるのけっこうあるのか?
ルードヴィッヒ・B、アドルフに告ぐ、ファウスト・・・


ピアノ・ヴィオラなど楽器や机、ブローニング家のことなど(あとモーツアルト)
ドイツ語でかかれてますが、説明があります。

デスマスクのを展示してるすぐそばに生まれた部屋があるのがとても
印象的でした。


ここに関しては中を見ることをおススメします。
歴史上の人物の生のものをみるのは感動する・・・。

サイコメトリーとかあったらいいのに。


ベートベンとかかわりのある(主に前半)の人の肖像画もあるのですが、
エレオノーレの絵が可愛らしくてそらあ、ベートーベンも惚れるかもな
と思いました。(手塚漫画ではそうだった)

本物の肖像画の方が手塚治虫より可愛かったのは公然の秘密です。



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑暇なので参加します~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。