スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異文化コミュニケーション

今日はここケルンに来てからお世話になりっぱなしの
ほまちゃんに会って来た。

ほまちゃんは家主の友達で日本人。ダンスを生業としている。
6月の前半に一緒に食事をしたり交流をしてました。

2時間ほど話したあと、トルコ人のダンサー仲間とご飯を食べることになり・・・

レッツ★イングリッシュ!!!


いやあああ~~~しゃべったしゃべった!!!


ほまちゃんは問題ないけど、私といえば単語単語の連発である。
トルコ人の友達もゆっくりめな英語でなんとか聞き取れて・・・・
なければ、ほまちゃんに通訳してもらい~~~の。


3時間英語トークである。


普段、個人プレイな私はこんな長時間イングリッシュトークをしないわけで。
無論、カフェ・スーパーでは英語&ドイツ語だけど、話すのはほんの少し。


ちがう、ちがうわ・・・

やっぱしゃべるのが一番の勉強なんだわ!!!


最初に感じたのは疲れ。

なんいうか、英語を聞くのがこんなにしんどいとは・・・
そういえば日本にいるとき仲良くなった中国人が
「疲れていると日本語が聞き取れない」←11年いる人で
っていってたけど、そういうもんなんだね。


このタフさがなければいけないわけだ。


そして、会話は自分の知らない単語をスピーディに学べるチャンスともいえる。

私は、トルコ人とほまちゃんの言ってる事を意識してシャドーイングすることに
していた。とても重要だと思う。

教科書をみてブツブツつぶやくのとはわけが違う。

なるほど、かなり頭を動かしてるなあと思ったものだ。
(ふだんドンだけ動かしてねーんだ)
そういえば子供は身近な人を口真似をするわけだから、なるほど、理にかなってる
わけである。


今更ながら対面での話というのが重要なことだと実感した。



そしてなぜか・・・


明日、カポエラとモダンダンスをしに行くことになった。


もってくれ!!!
私の体力!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑暇なので参加します~


人気ブログランキングへ


Theme: 留学 | Genre: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。