スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豹変したドレスデン(マイセン) INドレスデン3

さて、マイセンへ行くことにした私はSバーンで向かいます。
片道5ユーロでマイセンへ。
しかし、列車内で恐ろしい光景を目にします(大げさ)

なんだか雨雲が迫ってくるではありませんか!!
うううう!!!
さっきまでアンナに晴天だったのに~~~!!

しかし、まあ、ドイツは天候がゴロゴロ変わるので、想定内ではありました。
ザクセンのスイスみたいなバリバリアクションが必要な場所に行かなくてよかった・・・


そして、予想よりもだいぶ小さな町・マイセンへ。

なんだか嫌な予感がしたのか、今回の旅、初・バスを利用しました!
これ書いてて思ったんですが、初めてだったんだな。バス・・・。
この運転手がイケメンで2.5ユーロを2ユーロに負けてくれました★(いいのか?)




DSCF1467.jpg




マイセン磁器工場!!
ここではマイセンの見学工房・博物館がやってます。
そして、当然販売も行われておりまして。
入場は9ユーロ。

そしてマイセンについたころには・・・大雨が。

あぶねえ・・・!!!!


マイセンのことを少し説明しましょう。
マイセンはクソ高い食器ではじめてヨーロッパで白い食器を発明したんだそうだ。
1700年代では東洋では白地の食器はあったけどヨーロッパにはなかった。
どないして作るか悩んだここの領主・アウグスト強王が錬金術師のヨハンとか数学者たちをあつめて、
作らせたのがマイセン食器。

錬金術師wwww


ゲームでアトリエシリーズをやっていた私としてはぜひ見学おば。
錬金術と数学者っていうのが漫画製作者意欲を高めます。


では、一挙ごらんあれ。

DSCF1490.jpg

DSCF1489.jpg


DSCF1475.jpg
DSCF1482.jpg



他にもいっぱい取ったんですが、キリがないので、やめます。
本当に美しい食器の数々。
このごろ旅先で食器を買うのが趣味なので、興味がわきます。
ちなみに、私にとってのマイセンは白地に青の図案です。
それはウチの母がマイセンを持っていたのが青地だったからだと思いますが・・・
(ちなみに母はマイセンのことメイセンと申しておりました)


さて、ここではマイセンの実演も見れます。
イヤホンして日本語も聞けます。
たぶん、バブル期で買いあさったなごりなんだろうな。



DSCF1502.jpg


マイセンは今だ手作りだそうで、それを誇りにしてるのです!
的な感じでした。

さて、ココに来た理由は当然、マイセンの買い物です。
アウトレットものがあると聞いて、さっそく買いに行くぞおおお!!



nuko0034.jpg



正直にいいましょう。
私、マイセンの高さをしらなかったんです。

2~5千円でマグカップが買えると思っておりました。


いやね、あるんですよ、アウトレットで2千円代が。
でもね、真っ白なんです!
それを買うのはちょっと・・・

DSCF1516.jpg


総額たぶん5万くらいでしょうか。写真の食器は。
隣のセレブ夫婦が進んで写真を撮ってくれました。


まだ雨が降っておりますが、しばらくした小康状態に。
時刻は17:00.ドレスデンHBFでベルリン行きに乗るのが19時なので、
もうそろそろでようと思いました。

雨が止んで早足に駅に戻る。



DSCF1533.jpg

うう、観光したかった・・・。

そして、Sバーンでドレスデンへ!!現在18半。うむ。ご飯を買って車内で食べようじゃないの。
そのときだった。


DSCF1534.jpg


伝わりにくいですが、ものすごい強風と大雨なのです。雷もありマス。
私はこの天気の変わり目にウロウロしていたので、
雨にさらされませんでした。


さて、帰ろうか。切符をかおう。

RB/RE→33ユーロ(三時間半)
EC   →38ユーロ(二時間)

なにい!!ECとの価格差あんまりないんかい。
通常ならECなのですが・・・

EC遅れ30分。


・・・・・。
RBもECも同時刻発車。ECが30分遅れ。
RBで帰ったほうが無難か・・・・?



は!!

私は・・・思い出したのだ・・・
デュセルドルフでの・・・・RBの悪夢を・・・

nuko0035.jpg


そうだ、歴史は繰り返したはならない!!
ECにかけるんだ、国際線だからいきなり便が無くなるわけはあるまい!!

よってECに決定!!

ぶち。


30分後、そろそろ列車が来る時間に・・・
電光掲示板に恐ろしい文字をみつける。

EC、1時間遅れ。





んん????


悪夢開始の合図だった。


次回・嵐のドレスデン INドレスデン4

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑暇なので参加します~


人気ブログランキングへ


Theme: ドイツ | Genre: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。